ヘリオケア以外の飲む日焼け止めについて

日本でも類似品があるけど持続力が異なる

「飲む日焼け止め」という言葉も認知されはじめ、今では、日本でも市販可能なものも含め色々な製品が販売されているそうです。

国内で購入可能なものでは、最近ではノーブやピュアホワイトなどがあります。
今までは、飲む日焼け止めと言えば、ヘリオケアというイメージだったので、まさか日本製のものも出ているなんてちょっと意外に感じるかもしれません。

となると、ヘリオケアの人気はもう日本では下火なのかな、と思いきや…全然そういう感じではないそうです。むしろ、ヘリオケアが人気だからこそ追従する形で増えているようです。

なんとなく、日本製と聞くと品質や安全性は高いイメージがあります。
それに、ヘリオケアは医師に処方してもらわなければいけない一方、ピュアホワイトならドラッグストアでも買えます。

それなのになぜ、未だにヘリオケアが人気なのでしょうか?

結局は、効果持続時間の面でヘリオケアの方がノーブやピュアホワイトに大きく勝るからだとわかります。それだけ、有効成分フェーンブロックが日焼け防止に対する効力が著しいという事でもあります。

詳しく比べてみると、ノーブだと1粒につき2時間、ピュアホワイトだと大体3時間くらい、日焼け止めの効果を得られるそうなのですが、ヘリオケアだと通常6時間という長さ。

ちなみに、ヘリオケアの1粒あたり値段は、ピュアホワイトよりは高いものの、ノーブとはほぼ同じみたいです。つまり、ヘリオケアは効果持続時間が長い割にコスパも良いため、まだまだ根強い人気を誇っているんですね。

ヘリオケアの持続力に勝るものは無いと思うので、多少高くても売れると思いますが、ほぼ一緒なら、効果の違いを純粋に比較できますが、ヘリオケアを個人輸入する場合だと、もっと安く売られているので、性能でも価格でもヘリオケアに勝るものは無さそうです。