ヘリオケアの種類とその違い

効果に合わせて種類があるので間違わないように

飲む日焼け止めで選ぶなら、ヘリオケアが無難な事に変わり有りません。
その位、サプリ感覚で内側からケアする方法として、確固たるものとなっています。

ですが、一概にヘリオケアと言っても、複数の種類があるので間違わないようにしたいところ。

具体的には、ヘリオケア・カプセル、ヘリオケア・ウルトラ、そして、ヘリオケア・ウルトラDカプセルの3つが主な種類となります。他にもあるようですが、ヘリオケアの中で選ぶなら、この3つ。

では、その3つの種類は、どこがどのように違うのでしょうか?

まず、ヘリオケア・カプセルと残り2つとの違いですが、有効成分フェーンブロックの配合量が違います。具体的には、前者が240mgのところ、後者2つは480mgと2倍という事で、マイルドな効き目とより的確な効き目が欲しいのかで選択肢が変わってきます。

より効果を得たいならヘリオケア・カプセル以外の2つが推奨という事ですね。

次に、ヘリオケア・ウルトラとヘリオケア・ウルトラDカプセルの違いですが、これはビタミンDが配合されているか否かという点の違いです。ビタミンDは、紫外線を浴びることで生成される関係上、日焼け止め効果がもたらされると、どうしても欠乏してしまうのが難点。

しかし、ヘリオケア・ウルトラDカプセルには、それを見越してビタミンDが配合されているため、そうした心配を解消してくれます。となると、日焼け対策もばっちりでビタミンD不足も解消するとなれば、ヘリオケア・ウルトラDカプセルを選んでおくのが無難です。

ユーザーの大半も結局は、成分の量が多い事とビタミンDも不足させない事から、ヘリオケア・ウルトラDカプセルを選ぶ事が多いようですが、効果があるからこそマイナスとなり兼ねない部分までカバーしてくれるというのは、使う側にしてみると助かりますね。