口コミで話題のヘリオケア

内側からケアする方法で話題の日焼け止め

ここ数年で、日本の夏の厳しさは、一層高まった気がします。
そこで、昔と比べて平均気温がどの位変化したのか調べてみると、意外なことにそれほど変化していないというデータが出ているようです。

なのに、今のイメージとしては、北海道でも30℃超えが当たり前で、関東でも前は盆地でしかありえなかったような30℃台後半など、また、それに伴い日差しによる紫外線の被害も、深刻化しているようなイメージがありますね。ちょっと不思議です。

もしかしたら、コンクリートによる照り返しなど、温度以上に暑さを感じやすい環境になっているのかもしれませんが、照り返しが増えるとなると紫外線も傘だけでは防ぎきれないという事にもなります。

傘だけでは出来ない紫外線対策。
傘も必要ない紫外線対策があれば、万全です。

そんな中、最近口コミで話題となっている日焼け止めこそが、ヘリオケア。
話題の理由は主に2つあります。

それは、ヘリオケアが、よくある塗るタイプの日焼け止めではなく、飲むタイプの日焼け止めであること。確かに、塗るタイプの日焼け止めに比べて、飲むタイプのものの方は、まだまだ種類が少ないですからね。

しかし、飲むタイプの日焼け止めも、ノーブやピュアホワイトなど、日本でもいくつかはあるはずです。それなのに、なぜスペイン製であるヘリオケアが人気?

その理由が二つ目となりますが、ヘリオケアは、効果持続時間が1粒につき6時間と、2、3時間しかもたないノーブやピュアホワイトに比べて長いのが特徴。

もちろん、成分であるフェーンブロックという天然シダ抽出物が中心に構成されているので、誰でも健康に害無く使えます。そのため、まだヘリオケアは認可されていないものの、口コミを中心に日本でも人気が広まっているとのことでした。