ヘリオケア・ウルトラDで日焼け対策

高配合でビタミンDも含まれる最上位タイプが人気

飲む日焼け止めとしてヘリオケアが日本でも認知が広がっていますが、中でもヘリオケア・ウルトラDが人気となっています。輸入代行サイトでは、一人あたりの購入量が制限されている事があるそうです。

でも、なぜヘリオケア・ウルトラDが選ばれるのでしょうか?

その理由は、成分配合量が多さとビタミンDも配合しているためです。
ヘリオケにはいくつか種類があるのですが、成分の配合量が異なります。
※1粒あたりの有効成分フェーンブロック配合量

  • ヘリオケア・カプセル:240mg
  • ヘリオケア・アンチオキシダント:240mg
  • ヘリオケア・ウルトラ:480mg
  • ヘリオケア・ウルトラDカプセル:480mg

有効成分のフェーンブロックの配合量がヘリオケア・カプセルは240mgなのに対し、”ウルトラ”とつくものになると配合量が2倍の480mgとなります。

より確実に日焼けを防ぎたい。
そうなると、”ウルトラ”とつく二つのどちらかということになります。

次に、今度はフェーンブロック以外の配合成分における違いがありました。
ヘリオケア・ウルトラDには、更に、ビタミンDが配合されています。

「ビタミンDが配合されているからと言って、何か意味があるの?」

このような疑問が浮かぶかもしれませんが、ビタミンDは紫外線によって生成される栄養素であるため、ヘリオケアを飲むことで紫外線を抑制すると、欠乏状態になってしまう心配があるようです。

そうした日焼け予防によるマイナス面も補ってくれるヘリオケア・ウルトラDが結局は、妥当な選択となるのかもしれません。

サプリメント感覚で続けやすい飲む日焼け止め

ヘリオケアには、塗るタイプの日焼け止めもあるのですが、画期的で人気なのは飲む事で日焼けを防ぐという働きです。

誤解してはいけない点は、塗る日焼け止めを飲むわけではない事です。
ジェルやパウダーということではなく、サプリメントのように経口摂取する事で内側から紫外線に対しての抵抗力をアップするという働きです。

ちなみに、このヘリオケア自体の歴史は、意外と長いそうです。
10年以上前からスペインの会社が販売されているので、その当時から知っている人は居たかもしれません。

また、飲む日焼け止めが注目されるようになると、日本でも、「ノーブ」や「ピュアホワイト」と言った製品を始めいくつか販売されていますが、やはりそれらは二番煎じとなり、ヘリオケアの人気は変わらないようです。

有効成分のフェーンブロックがそれだけ優れた働きがあるという事ですね。

成分について確認してみると、アメリカに自生する天然シダから抽出したエキスをPLEというそうですが、その中に含まれる紫外線防止成分こそがフェーンブロックというそうです。

このように、植物成分に分類されるので、基本的に副作用の心配は無いとのことでした。日焼け効果が顕著なのに、天然由来成分で実際に副作用の報告も無いからこそリピーターが増えているのだとわかります。

また、フェーンブロックの他にも、ルテイン2mg、ビタミンC20mg、リコピン1mgなど、紫外線対策に有効で肌に良い成分が豊富に含まれているので日焼けを主としたトータルケアとしても活用できます。

更に、効果の持続時間は1粒で6時間もあるにもかかわらず、価格は、通常(30粒)で6,000円程。それが、オオサカ堂で売られているヘリオケア・ウルトラDの最安値なら4,650円程です。

ヘリオケアは本当に安全?

そこまで効果的だと思うと、どうしても気になるのが安全性。

カプセルを1つ飲むだけで6時間も日焼け止め効果をもたらしてくれる。
その上、副作用は、今まで報告が無い。飲むだけでそれだけの効果が得られるなんてすごいですが、それでもやっぱり何かあるのではないかと気になるものです。

実際どういう仕組みで日焼け予防につながるのでしょうか?

効果の仕組みは、塗るタイプの日焼け止めのように、日光やそこに含まれる紫外線をカットするといった感じではないそうです。日光や紫外線により肌内で生まれる、皮膚細胞を傷つけることでシミやくすみの原因となる、活性酸素を破壊してくれるとのことでした。

放っておくと紫外線にさらされ活性酸素が発生し、細胞がダメージを受けるとメラニンの生成が増えて色素沈着となりますが、発生した活性酸素をヘリオケアの成分(フェーンブロック)がいち早く駆除してくれる。

結果、日焼けせずに元通りの肌。

しかし、その中でも成分の多いヘリオケア・ウルトラDは、本当に安全?
「仕組みとしては理解できても、成分配合量が多いとその代償でもしかすると何かあるのでは?」というように、疑い深くなってしまうのも仕方ありません。

と、ここまで疑ってしまっても、実際に売れている事、レビュー評価の平均点も高いこと、後は、実際に副作用の報告が無い事などの事実が物語ると思います。

それで納得できない場合は、使ってはいけません。

ヘリオケアの有効成分であるフェーンブロックは、天然シダエキスPLEによるものであるという事と、実際、ヨーロッパの実験で20年間アトピー性皮膚炎の人に使用したものの、特にトラブルは生じなかったそうです。

オレンジと緑というやや奇抜なカラーのカプセルなので外見は抵抗がありますが、実績としては、安全性が確認されているという事ですね。

ウルトラDを実際に買うとしたら?

シリーズの中でも、特に高い人気のヘリオケア・ウルトラD。
成分配合量が480mgと優れ、1粒飲めば、6時間もの間、日焼け止め効果が持続する点。

他社製品の「ノーブ」や「ピュアホワイト」だと、2、3時間くらいしか効果が持続しないそうですから、それに比べると確かに長いと思います。

そして、もう1つは、ビタミンDをはじめ紫外線対策に有効な成分の配合。
紫外線を抑制することで、通常だと紫外線によって生成される大切な栄養素のビタミンDが不足しがちですが、その点ヘリオケア・ウルトラDは安心みたいです。

しかし、日本未発売で国内では買うことが出来ない。
ヘリオケア・ウルトラDは、ドラッグストアや薬局には出回っておらず、医師の処方によってしか入手できないそうです。

その医師に入手方法も結局は、海外から輸入です。
医師としての資格があれば、国内未承認でも患者さんに処方可能です。

おそらくは、一部の美容皮膚科からで購入可能だと思いますが、美容目的や予防目的なので保険適用外。それなら、直接個人輸入した方が安上がりだし、リピートする場合も手間がありません。

ヘリオケア・ウルトラDなら1ボトル30粒入りで定価が6,000円弱ですが、美容皮膚科の場合は、利益を上乗せする分出費も覚悟しなくてはなりません。

どの輸入代行サイトが良い?

ヘリオケアは、結局海外からの発送となるのですが、アマゾンにも海外直送品として取り扱いがあります。なので、アマゾン経由でも購入可能なようですが・・・。レビューを見てみると「画像が違って別のが届いた」と書かれていたので、この辺があまりちゃんとしていない輸入代行業者かもしれません。

また、日本で販売されている「ヘリオケア ピュアホワイト ラディアンス」を購入するのも方法の一つですが、こちらは、フェーンブロック配合量が240mgなので半分なのに、価格は、およそ2倍。

その点、海外から個人輸入なら1ヶ月分30粒入りのヘリオケア・ウルトラD(480mg配合)が4,600円弱で購入できます。

その点、輸入薬を長く販売しているオオサカ堂なら、ヘリオケアがシリーズごとにわかりやすく表示されているだけでなく、レビュー数も多く実際に購入している人が多いという実績が確認できます。